鍛錬 新・実践!筋トレ相談室

マニアックな筋トレから介護予防運動まで筋トレのお悩みにお答えします!
ご質問は下記【新規投稿】を、(株)鍛錬のHPへ戻るには【Home】をクリック下さい。
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[659] RE:筋トレの仕方。 Name:鍛錬 Date:2016/07/01(金) 00:02
現在行われている筋トレには大きく分けて2種類のものがあります。
それは運動機能を向上させるものと身体の形を変える為のものです。

本来筋トレとは筋力トレーニングの略であり、運動機能の向上を目的としたものでありましたが、そこから筋肉の形を変えるだけの競技としてボディービルが出来てきました。

ただ筋トレ初心者における認識は、筋肉量イコール筋力と勘違いしてしまっている人も少なくありません。しかしそれは全く違うものであり、実際にボディービル競技の選手が筋力を求める事は無く筋肉のみを追求している事を理解しなければ、筋トレ方法そのものを誤ってしまいます。

つまり、筋力を着ける為の筋トレと、筋肉を着ける為の方法は全く違うと言う事です。その事を理解しなければ目的の筋トレが効率よく出来ない事になります。

筋力の向上を目的とする筋トレは、より無理の無い動作の追及と発見です。

しかし筋量を目的とする筋トレは負荷による筋繊維の適度に破壊出来る動作の追求であり、その筋肉の修復過程における必須要素の追求も共に重要になります。

だから器具の設計も筋力向上の為の物と、筋肉量を向上させる為の物では変わってきます。

今現在私がメインに設計している器具は筋力を向上させる為の物であり、実際の筋力のある筋肉を着ける為の物で形とすれば機能美を目指す物です。

ただ今まで筋トレを研究してきて身体の形を変える為の筋トレを研究して来なかった訳では無く、逆にその方が永く研究してきたのも事実です。だから当初は筋肉量を着ける為の筋トレのご質問にもお答えしていました。

しかし、私の人生の時間を考えると双方の指導をする時間が無いのも現実であり、お答えしたいのはやまやまですが、本当にお困りの方は筋肉量や身体の形ではなく実際に動く為の筋力の習得なのです。

その事をご理解いただきたく今回ご返答をさせて頂きました。

ご質問には現在お答え出来ませんが、必ずや身体の形や筋肉量の為の器具を製作発表させて頂きますのでそれまでお待ち下さい。
よろしくお願いします。


スレッド記事表示 No.645 筋トレの仕方。 屁理屈 2016/06/26(日) 09:11 [ 返信 ]
   ┣No.650 RE:筋トレの仕方。 鍛錬 2016/06/28(火) 10:33
   ┣No.656 RE:筋トレの仕方。 屁理屈 2016/06/29(水) 20:05
   ┗No.659 RE:筋トレの仕方。 鍛錬 2016/07/01(金) 00:02

  



フィットネスマシン・介護予防マシンの設計・製造・販売からジム開業の支援まで!(株)鍛錬

無料レンタル掲示板 1616BBS